より良い暮らしを作る|防音工事や水回りトラブルの解決

防音工事のポイント

防音室

近隣住宅との距離が近く、ペットの鳴き声で迷惑を掛けてしまう場合や楽器等の練習で遠くまで音が響いてしまうといった騒音問題を抱えている人は少なからずいるでしょう。防音工事を施工することによって、そういった問題は解決できます。しかし、防音工事というのは通常の建築工事とは異なった特殊な工事で、施工する際により遮音性を得るためにはどういったポイントに注目すべきかを知っておく必要があります。
音が人の耳に聞こえてくるのは、音が発生させる振動が鼓膜に届くことで伝わります。空気や物質も振動し音を伝えるので、室内のドアや壁、天井、床といったものを全て遮音性のあるものにしなくてはなりません。防音工事を施工する際に大切なポイントとなるのは、防音工事を施工した結果として音による問題をしっかりと解決するといったものが最初に挙げられます。自身がどこまでの遮音性を求めているのか、残響効果はどれほどのものにしたいのかといった具体的な計画を工事業者にしっかりと伝えることが大切です。防音工事を施す多くの人は、音楽を嗜む人々かと思います。そういった場合には音響を考えての工事が必要になるので、工事業者を選ぶ際には音響に対する知識やそういった部屋や施設の施工を行なった実績のある業者を選ぶ必要があるのです。自身の目的にあった工事業者をみつけることができたなら、業者との話し合いを綿密に行う必要があります。その話し合いの際には、自身がしっかりと納得できる詳細な打ち合わせをしましょう。

水道業者に依頼

お手洗い

水道業者というのは、水回りの様々なトラブルを対処してくれます。トイレつまりといった軽度なトラブルにも即座に駆けつけて解決してくれるので、自力で解決できないトイレつまりが発生した際には気軽に依頼しましょう。

More Detail

防音の4つの要素

耳を塞ぐ女性

防音工事にも様々な内容があり、音の種類や防音目的に合わせた防音工事が必要となります。特に、防音の要素である遮音や吸音、防振、制振といったものに合わせた防音工事が大切となるでしょう。

More Detail

ドラム室を作る

ドラムセット

ドラムという楽器は、大きい音と振動が発生する楽器です。この楽器を自宅で練習する際には、周囲に住む近隣住民への配慮が必要となるでしょう。防音工事で自宅にドラム室を作ることで、朝早くでも夜遅くでもドラムを練習することができます。

More Detail