より良い暮らしを作る|防音工事や水回りトラブルの解決

ドラム室を作る

ドラムセット

バンド等で使用される楽器にはギターやベース、ドラムといったものがあります。それらを自宅で練習する際には、音が外部へ漏れないよう配慮をする必要があるでしょう。ギターやベースではアンプにヘッドホン等を接続することで、騒音問題を発生させることはありません。しかし、ドラムではそういったことができないうえ、1番大きな音がでる楽器です。打楽器のため、発生する振動も大きく自宅で練習するのは厳しいものといえるでしょう。防音工事業者に依頼して、ドラム室を自宅に作ってもらうことができます。自宅にドラム室があることで、近隣住民への騒音問題を発生させることなく演奏を行うことができるでしょう。
より満足のいくドラム室を防音工事で作る際には、3つのポイントが存在します。まずは、遮音性及び音響性能の高い部屋であることです。次に、快適に使用するためにバランスと高い機能性、使用者の好みにあったデザイン性があることで大切です。最後に、工事費用がリーズナブルであるといったポイントがあげられます。これらに沿った防音工事において、遮音性のある工事を行う際には浮遮音層構造と呼ばれるものが用いられます。浮遮音層構造というのは部屋の中に部屋を浮かせる構造で、高い遮音性を実現します。更に遮音性を高めるために、外部へ繋がる開口部に関しての遮音性も重視されます。場合によって、防音ドア以外の窓といった外部への開口部を設けない設計が用いられることもあります。また、音楽を防音室で演奏する際には遮音により反射した音が混じりあってしまいます。それを避けるために、反射音を適正にコントロールする必要があるのです。音響の整った環境にするためには、防音工事の際に音響調整パネルを効果的に使用する必要があるでしょう。