より良い暮らしを作る|防音工事や水回りトラブルの解決

防音の4つの要素

耳を塞ぐ女性

防音工事を行う際に、しっかりとした防音を実現するのに必要な要素というものが存在します。それらの要素をしっかりと取り入れた工事を行うことで、より満足のいく防音工事を行ってもらうことができるでしょう。防音を実現するのに必要な要素というのは、遮音、吸音、防振、制振といった4つのことを指します。ここでは各要素について知っていきましょう。
防音工事を行う際の防音要素の1つである遮音は、音を反射させることで音が物質を通り抜けることを遮ることを指します。遮音性の高い部屋というのは部屋の内側で発生した音を外部へ漏らすことがなく、外部からの音が部屋の内側に入ってくることもありません。遮音性を上げるために使用する素材として、遮音シート及び石膏ボード等があげられます。次に、吸音というのは音をより通りぬけさせることで音の反射を無くします。つまりは、遮音とは全く逆の性質のもののことを吸音というのです。吸音性を求められる場というのは、ホール等の広い空間です。そういった広い空間で音が反射した場合、その音は反響してしまいます。それを防ぐためにホール等の広い空間では吸音性のある防音工事が必要となるのです。吸音性をだすために使用される主な材料は、グラスウール・スポンジ素材です。防振と呼ばれる防音要素は、音が発生させる振動を空気や物質に伝わらないようにさせることをいいます。足音等の生活音や、ステレオから発せられる低音振動を抑制したい時に防振性のある防音工事が求められます。防振性のある材料というのは、防振材やゴムマットといったものがあります。最後に制振と呼ばれる要素について知っていきましょう。制振というのは、音が発生させる振動を防振のように完全に止めるのではなく、その振動を短時間に留める効果を指します。主に、冷蔵庫等の家電が発生させる振動を抑えるために使われている要素となっています。自身が防音したい音にあった要素を防音工事に取り入れることで、より満足のいく結果が得られるでしょう。